Let’s ゼロ・ウェイスト宣言 【SDGs つかう責任】

   昨年12月に容器包装リサイクル法が改訂され、今年7月からレジ袋の有料化が始まったがエコバッグを持参する人も増え、次第に生活に定着してきた感がある。9月時点のコンビニでの調査では77%の人がレジ袋を不要としている(Ricoh HP)。

   海洋プラスチックごみの撲滅を目的として始まったレジ袋有料化では、植物由来バイオマス素材25%以上のプラスチックレジ袋は無料で配ってよいのであるが、コンビニでは意識向上の観点からこちらも有料である。いずれにせよエコバッグやマイバスケットはスーパーの買い物客に普及してきた。しかしながら、日本で年間に発生する廃プラスチックのごみ900万トンのうち、レジ袋は数%にすぎず、レジ袋の削減効果のみでは海洋プラスチックごみ削減の抜本的な対策にはなっていないが、意識は高まることは間違いない。

   ごみの削減のみならず、「ごみを全く出さない暮らし」を目指した「ゼロ・ウェイスト」運動がいま、世界に拡がりを見せている。

   日本で初めて「ゼロ・ウェイスト宣言」をしたのは、人口が2000人にも満たない過疎地の徳島県勝浦郡上勝町である。2003年に「2020年までに焼却や埋め立てをせずにごみをゼロにする」ことを目標に掲げ、2016年度には既にリサイクル率81%に達している(日本全体の平均は20%)。他の市町村のように、家庭から出された廃棄物をどう処理するかよりも、そもそもごみを生み出さないような取組みに力を入れており、町のごみ収集車を廃止し、「日比ヶ谷ごみステーション」という名の集積所ですべてのごみを集める。上勝町の住民はみな、ここに自分でごみを持ち込んで13品目45種類に分別する。まだ使えそうなものを循環して利用するリサイクルや再生して利用するリユースの制度を確立している。

   世界でもユニークは取り組みや思い切った判断をする国々がある。

   ブータンでは、「ゼロ・ウェイスト」のユニークな取り組みが行なわれている。毎月2日に「ゼロ・ウェイスト・アワー」を少なくとも1時間設け、あらゆる個人や組織が周辺地域を清掃することにした。ブータンは、2030年までに「廃棄物ゼロ社会」を目指している。

   インドでは、2022年までにすべての使い捨てプラスチック製品を禁止する取り組みが進んでいる。一回ぽっきりしか使わないプラスチックカップ容器、皿、小型ボトル、ストロー、ビニール袋、特定の種類の小袋など、最大6種類の使い捨てプラスチック製品の製造・使用・輸入禁止される予定だ。

   スコットランドでは、毎年使用されている6億9400万本ものペットボトルや空き缶、空き瓶などの道へのポイ捨てを撲滅する目的で、お店で飲み物を買う際に、20ペンス(約30円)のデポジットを支払う制度「デポジット・リターン・スキーム」を開始した。一旦デポジットをお店で払い、飲み終わったらお店やホテルなどの返却場所へ持っていくと20ペンスが戻ってくるという非常にシンプルな制度である。人々のリサイクルに対する意識向上から、ポイ捨てを抑制する効果が期待されている。

   このほか、多くの国や都市が取り組んでいる「ゼロ・ウェイスト」の取組が、“Ideas for Good”のサイトで紹介されているので、そちらをぜひご覧いただきたい(https://ideasforgood.jp/zerowaste-matome/#07

   今後は、量り売りなどの普及やさらなる簡易包装が進み、買い物食品のパッケージや包装ごみが一層減ることも考えられる。また、一般家庭でもごみに対する意識が高まっており、フリマアプリによるリサイクル、DIY、自分で古着をリユースする人々のYoutubeも話題だ。ペットボトルを買わずに水筒を持って行ったり、ウェットティッシュの代わりにおしぼりを使ったり、できそうなことから実行していけば個人の生活レベルでも確実にごみは削減できる。ごみを減らすことは環境問題の解決に留まらず、自治体のごみ処理費用の削減につながる。

   ごみを生み出さない生活を目指し、できることから楽しんで実践していきたい。

 

パンチョス萩原(Soiコラムライター)

 

参照・出典

Green Peace Japan

https://www.greenpeace.org/japan/ 

Chemical and Engineering News (C&EN) India to ban single-use plastics 

by K. V. Venkatasubramanian, special to C&EN SEPTEMBER 6, 2019

https://cen.acs.org/environment/pollution/India-ban-single-use-plastics/97/i35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です