ワービーパーカーが眼鏡越しに見る世界 【SDGs ソーシャルビジネス】

   今日10月10日(土)は「目の愛護デー」だ。目の検診による視覚障害の予防と視力保持、生活習慣病による眼疾患の早期発見と早期治療など、目の衛生に関する注意を喚起し、公衆衛生の向上を図ることを目的としている。厚生労働省をはじめ、製薬会社、眼科と医師会などが多くの講演やイベントを行ない、ネット上でも目のケアについて注意を促している。

   世界保健機関(WHO)は、毎年10月の第二木曜日を「世界視力デー(World Sight Day)」と定めていて、今年は10月8日だった。貧困や医療体制の不備などが原因で予防可能にもかかわらず失明の危機にある視覚や視力に障害を抱えている人々が全世界に10億人いることを再認識することと、そのために世界が協力して行動することを啓蒙する日である。「HopeInSight」という専門サイトで貧困国における治療の様子などをアート感覚なフォトギャラリーで紹介している。

   WHOのデータによると、10億人の視覚障害や失明リスクを伴う目の患いの中で暮らす人々のうち、90%は発展途上国に暮らしている。視力の低下や失明は、日常の生活、個人的な活動、地域社会との交流、学校や仕事の機会、公共サービスへのアクセス能力など、生活のあらゆる側面に大きな長期的な影響を与える。人間年を取れば目が悪くなるのはしかたがないが、貧困の中にあって経済的な保証がない暮らしでは医者にも行けず、白内障、緑内障になってしまう人々も多い。視力が落ちることで生活や仕事もできず、貧困がさらに大きくなる悪循環が起きてしまう。

   現在、重度の視覚障害が原因で十分な仕事や学習ができない人々は6億2400万人ほどいる。せめて自分の目に合った眼鏡さえあれば、公共機関を利用したり自動車も運転でき、仕事や学習の生産性は35%向上し、所得も20%増加することにつながることになる。

   そんな中、2010年にニューヨークで創業した眼鏡販売の「Warby Parker (ワービーパーカー)」は、設立当初から現在に至るまで、そんな発展途上国に暮らす視力障害者へのソーシャル支援活動を行なっている会社だ。「Buy a pair, Giver a pair」という、自社の眼鏡が1つ売れるごとに発展途上国の視力障害を持つ人々が暮らす地域へ無償で眼鏡一つを提供し、かつ、販売ノウハウをレクチャーすることで現地で眼鏡ビジネスを自立化させることができる活動を行ない続けている。会社を通して持続可能なビジネスを提供するというミッションを掲げ、さまざまなビジネスモデルでNGOやNPOと協働し、単なる視覚障害を持つ人々たちへの寄付や支援に終わることなくソーシャルビジネスとして事業を成り立たせている。

   こうした活動を通し、既に途上国の重度視覚障害者らに届けられた眼鏡は100万本を超えている。Warby Parkerは、2015年には、アメリカのメディアFast Companyが選ぶ「世界で最もイノベーティブな50社」において、AppleやGoogleを抑えて、1位の評価を得た。

   Warby Parkerは、従業員たちの多様化も積極的に進めており、「BIPOC(Black(黒人)、 Indigenous(先住民族)、and People of Color(白人以外の人種)」 の人々を積極的に採用・活用・管理職への登用することを10の目標で実現するために「人種平等戦略(Racial Equity Strategy)」を今年発表した。ワービーパーカーの経営者と1900名の従業員たちが「心の眼鏡越しに見る世界」は、どこまでも社会的貢献を追求する自らの姿勢と、掲げる会社ビジョンの実現によってもたらされる世界的な課題の解決である。

   人によって世界の見え方は全然違う。コロナ禍で元気のない社会を支えていこうと始まった「Go To イート」キャンペーンにおいて、社会的な貢献よりも自分の利益優先で制度を悪用する人々もいれば、貧困や人種差別などの不平等さの中で苦しむ人々に共感し、手の届くことから支援をしていく人々もいる。

   世界をどう見るかは視力の強弱には関係ないのである。

 

パンチョス萩原 (Soiコラムライター)

参考・参照HP

国際保健機関 世界視力デー 

https://www.who.int/news-room/events/detail/2020/10/08/default-calendar/world-sight-day-2020

公益財団法人 日本失明予防協会 http://www.shitumeiyobou.or.jp/association

HopeInSight フォトギャラリーhttps://www.flickr.com/photos/iapb/albums/72157714916053913

Warby Parker 「Buy a pair, Giver a pair」

https://www.warbyparker.com/buy-a-pair-give-a-pair

人種平等戦略(Racial Equity Strategy 2020)

https://www.warbyparker.com/assets/pdf/WP-Racial-Equity-Strategy.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です