日本一輝く街 御徒町 【SDGs 街の形成と産業】

   今日から11月である。自分の誕生月でもあるので何故か感慨深い。立冬を迎え、木枯らしも吹き始め、赤や黄色に染まった落ち葉が舞い落ちる風情もこの季節ならではのものだ。道端や公園の花もコスモス、リンドウ、バラ、ケイトウなどからポインセチア、カランコエ、ツバキ、ヒイラギ、コウテイダリアに変わっていく。

   月が替わると誕生石も替わる。誕生石は各国によって違うが、日本における誕生石は21種類ある(下段参照)。日本で11月の誕生石はトパーズ(黄玉)とシトリン(黄水晶)だ。個人的には全く生活の中でなじみのない宝石であり、所有したこともないが、宝石や天然石は長い年月をかけて自然が作り上げたもので何やら神秘的なパワーがある感じもするし、すべて一点ものでブレスレットやペンダントなどのアクセサリーとしてファッションにも欠かせないのは確かである。

   宝石などの宝飾品を扱う問屋が日本で一番多く密集しているのは、東京都台東区の御徒町(おかちまち)だ。御徒町の名前は、江戸時代に将軍が外出する際に、馬などに騎乗することが許されず徒歩でお供する下級武士である御徒士組(おかちぐみ、または御徒衆(おかちしゅう))に由来する。その御徒士組の屋敷や長屋が御徒町一帯にたくさんあった。

   江戸中期、この御徒士組は幕臣の中でも下級の武士だったため、ときに生活が苦しく、さまざまな内職をしていた。有名な内職としては朝顔の栽培もあったが、いつしか近くの上野寛永寺、浅草寺などの寺社のために仏具や銀器の飾りをつくる職人となっていく。また、台東区には古くは浅草、吉原、柳橋、黒門町、湯島、根津などの色街が多くあり、かんざしや帯留めなどの小物を制作する職人も増え始めた。やがて明治中頃になると、指輪の製作・加工業者が多くなり、宝飾品の扱いも増えていく。そして型を使用した量産技術が生まれると、御徒町は宝飾品を制作・輸入して販売するビジネスで一気に知名度を上げてきた。

   第二次大戦後には、上野界隈のアメ横に闇市が生まれ、米軍の兵士たちが時計やアクセサリーなどを売りはじめた。御徒町はアメ横のアクセサリーの修理を行なったり仲買機能を果たす場所となり、1964年(昭和39年)からは時計・宝飾業者同士の商品交換市も行われるようになって、宝飾品に加え貴金属を扱う店も軒を連ね、日本で最大の宝飾品問屋街となったのである。

   古くから宝飾品を扱ってきた御徒町にもSDGsの活動を営むお店も増えている。環境に配慮して持続可能な形で倫理的に宝飾品を消費することを意味する「エシカル・ジュエリー(ethical jewelry)」や「サステイナブル・ジュエリー(sustainable jewelry)」と呼ばれる概念が近年SDGsの波の中で台頭してきた。

   例えば、ダイヤモンドや貴重な天然石は、アフリカなど内戦が続いている地域での軍事資金獲得目的で不当な値で取引され、採掘の労働者たちは過酷な条件かつ低賃金で働かされたり、子供も働かされたりしている。また、採掘のために森林伐採や深く掘り下げることによる地下資源への影響などもある。こうした中、天然ダイヤモンドと何ひとつ成分的にも変わらず、自然環境も守ることができる人工ダイヤモンドは注目されている。人工ダイヤモンドを積極的に使用することにより社会的な課題の解決につながるため、エシカル消費者から多くの支持を得ている。

   また別のSDGsの取組と同時にESGにも力を入れている会社も多い。コンプライアンスを守りつつ現地の宝石生産者、輸入会社とのパートナーシップを強化して品質の維持や正しい利益分配に心がけたり、偽物などを排除したりする働きかけを非営利団体のRJC(責任ある宝飾品協会)が率先して行なっている。今では宝飾品問屋の多くのお店は独自のSDGsへの取組などをHPに記載するようになった。

 

   日本一の規模を誇る宝飾品・貴金属の問屋街である御徒町は、取り扱う宝飾品の輝きだけでなく、社会課題への解決に向けた取組姿勢においてもまばゆい輝きを増しているのである。

 

パンチョス萩原(Soiコラムライター)

 

参照

JTOジュエリータウンおかちまちHP

https://jto-net.com/about/page_04.php

RJC(Responsible Jewellery Council:責任あるジュエリー協議会)

https://note.com/jewelryandlaw/n/nee5f34430f2b

日本における誕生石一覧

1月 ガーネット(柘榴石)、2月 アメシスト(紫水晶)、3月 アクアマリン(藍玉) コーラル(珊瑚)ブラッドストーン(血玉)、4月 ダイヤモンド(金剛石)、5月 エメラルド(翠玉、緑玉) ジェイド(翡翠)、6月 パール(真珠) ムーンストーン(月長石)、7月 ルビー(紅玉)、8月 ペリドット(橄欖石) サードニックス(紅縞瑪瑙)、9月 サファイア(青玉)、10月 オパール(蛋白石) トルマリン(電気石)、11月 トパーズ(黄玉) シトリン(黄水晶)、12月 ターコイズ(トルコ石) ラピスラズリ(瑠璃、青金石) タンザナイト(灰簾石)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です